保管時の注意事項

さきほどは保管方法について説明しましたが、それぞれに注意点があります。まず、ドライタイプのドッグフードについてですが、こちらは長くとも1ヶ月しか持たないケースがほとんどですが、中には人工保存料を使用していなくても材料にある天然ハーブなどが防腐剤の役割をし、長く持つものもあります。
しかしそれでも開封後は約3ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。それ以上の保管は、なるべく避けるようにし、室温の変化が気になる場合は清潔なジッパー付きのビニール袋に小分けして冷蔵庫の野菜室に保管することをオススメします。袋などが結露してカビが発生してしまうことがありますので、小分けにし、清潔を保つことが大事です。

次に、ウェットタイプのドッグフードについてですが、こちらはとにかく早く消費してしまうことです。開封しなければ、表示通りの期間まで持ちます。しかし、開封後はそれよりも早い賞味期限となってしまいます。そのことから、1度に使い切ってしまうのがベストです。

ただ食いつきを良くさせるために、ドッグフードには、ドライフードにウェットタイプを少量混ぜているものを与えているという方も多いです。その使い方も決して悪い事ではありません。しかし、そうすると金銭的な面でも負担が多くなりがちで、ついついウェットタイプのドッグフードを長く保管してしまうことになります。ですので、食いつきが悪いのならば、ドライタイプからウェットタイプに変更してあげた方がいいかもしれません。

保管の仕方

まず、ドライタイプの保存方法ですが、第一に気を付けるべきことは、しっかりと封をしておくことです。ドライタイプは、一度開封した後もきちんと封ができるように、ジッパータイプの袋に入れられていることが多いので、しっかりと閉じられているか毎回確認しましょう。もしジップタイプでない場合は、タッパーなどに入れて保存しておきましょう。ドライタイプの中には、人工保存料を使用せずに天然のハーブやビタミンE配合で、酸化防止・防腐剤の役割を果たしているフードもあります。そういった場合でも保管は慎重に、なるべく早く使いきりましょう。

次に、保存場所ですが、直射日光が当たらずに、温度も湿度も低い場所を選びましょう。これらはドッグフードを極度に劣化させてしまう原因ですので、計器などを購入しておいて、温度や湿度はしっかりと管理しておかなければなりません。特に夏場は劣化が激しくなりますので、注意が必要です。

ウェットタイプのドッグフードは、缶でパックされている物がほとんどです。長持ちしそうですが、ドライタイプと比べると鮮度が落ちやすいので、一度開封すると全部食べさせてあげるのがベストです。しかし、一度に全部食べさせてしまうと、金銭的にも健康的にも心配になります。その場合は、少しだけドライタイプのドッグフードに混ぜて、小分けにして食べさせましょう。もし保存するのであれば、開封後は必ず冷蔵庫に保存し、できるだけ早く与えましょう。

ドッグフードの保管方法

ドッグフードには、ドライタイプとウェットタイプのものがあることは、犬を飼っている方ならば誰しもが知っている事ではないのでしょうか。では、どのように保管すればいいのかご存知でしょうか。実は、ドライタイプとウェットタイプでは、保管方法が違います。ですから、この保管方法を間違えてしまえば、大変なことになるのです。

飼っている犬の体調不良の多くは、ドッグフードの保管方法が悪かったということが原因になることもあるのです。中には、きちんと商品の注意書きに従って保存をしている方もいるでしょう。しかし、大事な飼い犬の今後の健康維持のために、ドッグフードの保存方法をきちんと見直してみてはいかがでしょうか。きちんと見直すことで、良い結果になることもあります。

飼い犬が、今後も健康的に長生きをしてもらうためには、私たち人間が食べ物の管理をきちんとおこなわなければなりません。いい加減な管理方法では、もっと長く生きられたはずの飼い犬の一生を短くさせてしまう原因となる場合もあります。ですから、ドッグフードの種類によって適した保存方法をきちんと理解しておく必要があります。

私たちが少し気を付けるだけで、大事な飼い犬が幸せに生きることができます。ですから、あまり面倒くさがらず、きちんとドッグフードを保存するようにしましょう。全ては大切な飼い犬、そして自分自身のためになりますので、しっかりと理解して、実践するようにしましょう。

どうすれば安心?ドッグフードの保管方法まとめ決定版!